So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ長谷川博巳 ブログトップ

家政婦のミタ長谷川博巳 [家政婦のミタ長谷川博巳]

長谷川博巳のダメ父親がなさけなくも感じますし
共感する部分をかんじるのは私だけでしょうか。
家政婦のミタとの絡みは、「甘えているじゃない」と
ツッコミを入れてしまいました。


「本当は結婚なんてしたくなかった」と父のついに出た本音。
ずっと引きずっていたのでしょうね。
だから、父親としての自覚のない行動なのでしょうね。

大人になりきれない本当の姿だと思いました。
母親も同じだと思います。子供に対する愛情がかけています。
子供を残しての自殺は四人も子どもを産んだ母親ではないでしょう。

「結が出来て凪子がどうしても産むと言い仕方なく結婚」
現実は多い話と思います。
おじいちゃんの言われていた
「いつかお前の化けの皮を剥がしてやる」の言葉は
おじいちゃんはわかっていたのでしょうね。
でも、いつかはと心の中に期待を残していたのではないでしょうか。

子供達は家を出ていきました。
きいちゃんの折り紙パンダのメッセージも父には届いたのでしょうか

ミタさんの何も無かった様な平然とした態度に逆切れした父の
「あなたには心は無いのか!」
「ありません。そんな物何処かへ置いてきました。」
の初めて自身の事を語ったミタさん。
ミタさんの過去が気になります。そこまで心を失くす理由は
なんでしょうね。

父親になりきれい覚悟のない男性は多いと思います。
子供は親を育ててくれるもの。
親と言っても一人の人間です。
車の中とトイレの中だけが… の気持ちはよくわかります。
1人が心地よいと感じるのは 親という立場にあっても
必要な時間と思います。
私も一人になりたい時は多々にありますから。。。

大人の心を揺さぶる次回も楽しみですね。



《 あらすじ 11月2日放送分(第4話) 》
恵一(長谷川博己)はうらら(相武紗季)からの電話で、前夜に
出て行った子どもたちが、義之(平泉成)の家にいることを知る。

そんな騒動が起きても何の感情も表さない三田(松嶋菜々子)に
恵一はいら立ち、解雇を言い渡す。

一方、希衣(本田望結)は家に戻りたいと思い始めていたが、結(
忽那汐里)は恵一を許すことができない。

そこで、希衣は海斗(綾部守人)と共に三田を捜し出し、恵一と結を
仲直りさせてほしいと頼むが、三田を雇う金がない。

信頼の家事代行サービス




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ長谷川博巳 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。