So-net無料ブログ作成
家政婦のミタあらすじ 第9話 ブログトップ

家政婦のミタあらすじ 第9話 [家政婦のミタあらすじ 第9話]

家政婦のミタさんの過去がわかりましてね。
壮絶すぎます。。。三田さんが悪いわけではないのに

母親がいかに人間を育てるのに大きく影響するのか、
改めて考えさせられます。

他人の性にすることは簡単です。でもその中心に自分が
いることわかっていますか?

その出来事を招いたのは自分なのです。
どんな形にしても。

三田さんが「それは業務命令ですか。」と確認されます。
『本当に実行していいのですか?』と聞いていると思います。
そして、その業務命令が現実になるとこんな酷いことになることを
実際にしてみせてくれているのです。

人々が常日頃不満におもっていることを口にして、実現すると
こんな状態になるのですよ。と教えてくれているのです。

今一度、日ごろの不満を口にする前に、それを招いているのは
自分だと、そしてそのことは自分に必要なことだと気づいて
欲しいと伝えているよう私は思います。

次回がもっと気になるドラマです。
楽しみにしています。



《  あらすじ 12月7日放送分(第9話)  》


壮絶な過去を告白して、三田(松嶋菜々子)は阿須田家から
去っていった。

恵一(長谷川博己)と子供たちは三田の消息を追うものの、
見つけられない。

すると、紹介所の晴海(白川由美)から「三田は別の家で働く
ことが決まった」と伝えられる。

三田が派遣された家は、なんと隣の皆川家だった。

恵一と子供たちは、あ然とする。子供たちが「帰ってきてほしい」と
必死に訴えても、三田は「私はもう、みなさんとは何の関係もない」
と冷たく突き放す。

一方、三田が辞めたことを知ったうらら(相武紗季)は、阿須田家に
やって来て「これからは私が毎日食事を作りに来る」と張り切る。

しかし、いつもの調子でドジをやらかし、父・義之(平泉 成)に「少しは
空気を読め」と連れて帰らされる。

そんな中、三田の雇主となった真利子(佐藤仁美)から「夫を尾行して」と
指示された三田は、夫の功が不倫をしていて、結婚したことを後悔して
いることを突き止め、真利子に報告する。

ヤケになった真利子は「一家心中するから家ごと燃やして」と
三田に命じる。

翌日、皆川家の長男・翼の誕生日を親子3人でお祝いしていると、
その横で三田が灯油をまき始め、火をつけようとする。

本当に一家心中になりそうな光景を目の前にして、パニックに陥った
真利子は三田に、「平気で人を殺そうとするなんて・・・あなたが死ね
ばいい」と口走る。

すると三田は、その言葉を待っていたかのように、自ら灯油をかぶり…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタあらすじ 第9話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。