So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ最終回エピソードゼロ ブログトップ

家政婦のミタ最終回エピソードゼロ [家政婦のミタ最終回エピソードゼロ]

家政婦のミタ最終回エピソードゼロを知っていますか?
ドラマでは、描かれていない 三田さんの過去が 7人の
証言者によって 描かれていて 三田さんの 生い立ちが
わかりますよ。読んでみたいですよね。
【送料無料】家政婦のミタ エ...

【送料無料】家政婦のミタ エ...
価格:900円(税込、送料別)



「家政婦のミタ」最終回が21日に放送された平均視聴率が、
40.0%という高視聴率を叩き出した!!!!
回を重ねるごとに視聴率が上がり「仁」に次ぐ勢いと評判だったが。
とんでもない数字を叩き出してしまった。

「家政婦のミタ」最終話の40.0%という平均視聴率は、2000年
3月26日にTBS系で放送された『ビューティフルライフ』最終回の
41.3%以来11年9ヵ月ぶりの“大台”突破で関係者も喜びの
悲鳴を上げた。

また、一般劇として(NHK大河&朝の連続テレビ小説除く
※1977年9月26日以降に放送された番組)、歴代同率3位に
入る快挙となった。


連続ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)。主演を演じた女優の
松嶋菜々子さらに同作の脚本を手掛けた遊川和彦氏より同局を
通じてコメントが届いた。

松嶋は
「ずっとやりたかったオリジナル作品で評価を頂いたことが
本当に嬉しいです」
と喜びをあらわに。
また、遊川氏も
「最後はお手並み拝見と思って見ていましたが、(松嶋に)
見ているこちらがねじ伏せられました(笑)」
と最大限の賞賛を送った。


そして、斉藤和義が歌う主題歌『やさしくなりたい』が流れた
タイミングは、最高に近い42%台になった。


ドラマの驚異的な視聴率も追い風となり『やさしくなりたい』の
配信総ダウンロード数は累計100万DLを突破。
さらに、12月21日付レコチョクデイリーランキングでも1位を
獲得した。
10月26日の配信リリースから約2ヵ月を経て初のデイリー1位
獲得となり、昨年リリースの『ずっと好きだった』に続き異例の
ロングヒットを記録。

『やさしくなりたい』は“大切なものを失った人たちが、再生していく”
というドラマの裏テーマをもとに書き下ろされており、ドラマを盛り
上げる上で欠かせない楽曲となった。
斉藤和義/やさし...

斉藤和義/やさし...
価格:1,260円(税込、送料別)



ちょっと裏話を 
構想段階では「ミタ=松嶋菜々子」ではなかったという。

遊川氏は誰がやろうが、面白いキャラクターを作らなければ
いけない。
「松嶋さんじゃなきゃダメだ」
となったら、こちらの負けですからと言われてました。

今となっては、これ以上ないはまり役に見えるが、配役の
決め手は何だったのか。 遊川氏は 
「失礼かもしれないが、松嶋さんが本当に「役者」なのか、
それとも1人の「スター」なのか確かめたかった。
最初の台本読みリハーサルでイケるなと確信した。」
と絶賛されていた。

最終的には、彼女しかあり得なかった。笑顔を失った三田が
笑うのか、最終回まで注目が集まった中、1度だけ笑った三田。

笑顔を見せた三田に、阿須田家の人々がアドリブでそれぞれ
考えてきたという三田を笑顔にする数々の言葉も感動を呼んだ。

 「承知しました」「業務命令ですか」など、流行語も生み出し、
社会現象にまでなった同作。

意表を突く展開が続き、最後まで視聴者を引き付けた。

新しい家へと新たに派遣される三田を映し出したラストシーンは、
制作サイドの以前から断言していた「続編も映画化もない」
との言葉とは裏腹に、続編への期待が高まるシーンとなっていた。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ最終回エピソードゼロ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。