So-net無料ブログ作成
検索選択
ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 視聴率 ブログトップ

ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 視聴率 [ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 視聴率]

ビブリア古書堂の事件手帖は昭和の雰囲気が
漂う素敵なドラマですね。面白かったです。
大ブレイク中の女優・剛力彩芽がついに月9
ドラマ初主演作品 気になる視聴率は14.3%。
まずまずの出だしではないでしょうか。

あそこまで、昭和の雰囲気を出してくれるのは
嬉しいですね。

とても、不思議なふわぁとした空気感が素敵です。

いつの時代の話?と思ってしまいますね。

ビブリア古書堂の中が、図書館みたいな雰囲気で
今の安い古本屋ではなくて、高級感あふれ古本は
大切に扱わないといけない、多くの想いがのっています。
と訴えているように思います。

時間が止まったような感じや、本に自分の人生を重ねる
気持ちよくわかります。

夏目漱石の「それから」は読んだことがなかったので
不倫の話なんだと驚きました。
この時代には、衝撃な内容ではなかったのでしょうか。。。
ちょっと読んでみたくなりました。

次回に出てくるのはどんな本でしょうね。

≪ あらすじ  第2話 ≫
古書の転売で生計を立てている‘せどり屋’の
志田(高橋克実)が、小山清の「落ち穂拾ひ/
聖アンデルセン」を何者かに盗まれた、
と栞子(剛力彩芽)のもとを訪ねる。

志田は自分の自転車にぶつかった女子高生が
怪しいと栞子と大輔(AKIRA)に話すが、本を
捜そうという栞子の提案は断る。

それが志田にとって大事な本だったと栞子から
聞いた大輔は、現場で女子高生と遭遇していた
志田の仲間・笠井(田中圭)に会いに行く。

次回の話もおもしろそうですね。
たのしみです。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
このご縁に感謝します。

レムリアン・ヒーリング


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。