So-net無料ブログ作成
検索選択
八重の桜 視聴率 あらすじ ブログトップ

八重の桜 視聴率 あらすじ [八重の桜 視聴率 あらすじ]

八重の桜の第4話の視聴率は18.2%安定して
18%を維持していますね。
気になる次回のあらすじはのちほど案内します。

綾瀬はるかちゃんかわいいですね。
あの微笑みはおばさんの私をも癒してくれます。

先日、鶴瓶の家族に乾杯で綾瀬はるかちゃんが 福島県会
津若松市を訪問していましたね。
かわいい会津弁で話している姿は真似したくなります。

本当の「ハンサムウーマン」に出会えて会津の女性を知る
ことができました。
八重の桜で会津の女性感をもっと身近に感じることがで
きると思います。

八重の桜ますます楽しくなりました。
八重に限らず、明治にはかっこいい女性が数多く存在しました。
そんな女性達を紹介している本があります。
気になったら読んでみては如何でしょうか。



では、気になる次回のあらすじは。。。

≪ あらすじ 第5話 ≫
1859(安政6)年、尚之助(長谷川博己)と勝(生瀬勝久)は
開港間もない横浜を訪れ、その変わりぶりに驚く。

一方で、攘夷(じょうい)浪士が異国人を襲撃する事件が
頻発していた。

覚馬(西島秀俊)は横浜から戻った尚之助から、寅次郎(
松陰=小栗旬)の詮議が始まったと聞く。

一方、うら(長谷川京子)が覚馬の子を身ごもり、八重
(綾瀬はるか)は佐久(風吹ジュン)たちと祝福する。

だが、覚馬を攘夷派の浪士が襲い、身をていして守ろ
うとしたうらが転倒してしまう。

やがて、寅次郎は「安政の大獄」で処刑され、知らせを
受けた覚馬や八重らは悲しみに暮れる。

そして翌年、攘夷派の怒りを買った井伊直弼(榎木孝明)が
桜田門外で暗殺される。

激動の明治、ある意味今の時代と似ている気がします。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
お会いできたご縁に感謝します。

くちびるのための美容液、自然のチカラでぷっくり・りっぷ、椿みつ

全国のエステサロンの情報を掲載しています。エリア別掲載で近くのサロンを簡単に探すことができ、見やすい周辺地図も掲載。信頼の置けるエステサロン探しのお手伝いをします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
八重の桜 視聴率 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。